クレジットカードのブラックリストの情報について

クレジットカードは、滞りなく支払いができていれば便利なカードのままですが、返済が大幅に遅れるとその記録が残されます。長期的な延滞や債務整理をしたということがあると、信用情報機関にブラックとしての記録が残ります。何ヶ月も支払いを遅らせていたり、返済不能状態から債務整理に移行するなどしたことがある人は、ブラックリスト入りを避けることはできません。
ブラックリストに情報がのってしまうと、現在持っているクレジットカードは利用停止になるのが普通です。現時点で所有しているクレジットカードを使えない以上、新規のクレジットカードをつくるしかないという人もいますが、審査で断られます。信用情報機関にブラックとしての情報が確認されると、クレジットカードの審査に通ることはがほぼ不可能になります。ブラックリストに名前が載ったとしても、その後何も問題になることをしないで大人しくしていれば、記録は数年で消去されます。クレジットカードの情報は基本的にCICという信用情報機関に、ブラックの記録は取り引きが終了してから、5年間は残されるようになっています。仮に、ブラックリスト入りしても、以後何のトラブルも起こさずにいれば、リストから名前は消えてクレジットカードも可能になります。
注意しておきたい点は、支払いが延滞して未払いがあれば、すべての支払いを済ませておく必要があります。どうしても支払いが難しいという場合は、債務整理なり、破産申告なりをして、届け出をする必要があります。要するに取引が終了している状態にしない限りは、ブラックリストにはいつまでも残ってしまいことになるのです。