クレジットカードの利用で手数料を上乗せされたら

最近では、買い物をする時にクレジットカードを使う光景が、一般的なものになっています。クレジットカードとはどういう機能を持っているかを知ることで、賢くクレジットカードが利用できます。コンビニでの買い物や、スーパーの食料品買い出しでも、クレジットカードを利用する人が多くなっています。クレジットカードの手数料は、1度の支払い日に全額を返済している限りは、加算される手数料がありません。クレジットカードを使って買い物をする時に、販売店舗がクレジットカード会社に支払わなければいけない手数料を、販売時に加算している場合があるようです。この場合、現金払いで買い物をするとそのままの金額なのに、クレジットカード払いにすると手数料分を足した金額を請求しているというお店があります。クレジットカード会社は、手数料分を商品価格に転嫁しないことを前提に、契約店舗と話を交わしていますので、これは契約違反です。そのため、クレジットカードで支払う時には、現金決済の時より手数料分が多くなるとお店が言ってきた時には、気をつけなければいけません。基本的には起きてはならないことでも、買い物をしたいなら、手数料を請求された通りに支払うことになります。もしも手数料を払わないようにしたいなら、品物を買うのをやめるか、現金払いで欲しいものを買うようにすることです。あるいは、手数料を払うことに合意して、クレジットカードで買い物をするという方法もあります。納得のいく買い物をするためには、手数料がどんな時に、誰に対して発生するのかを、知っておくことが大事です。